目次

滋賀県・安土城|西欧建築の影響を受けた注目すべき空間

安土城(滋賀県蒲生郡安土町下豊浦)

日本城郭史のエポック安土城
安土城
別名一
分類 山城
築城年 天正4(1576)年
築城主 織田信長
主な城主 織田氏
滋賀県近江八幡市安土町下豊浦

安土城は、安土の町並みの北側、標高199メートルの安土山一帯に残る平山城です。国の特別史跡に指定されています。

天正4(1576)年、信長は安土城の築城を開始しました。それまでの土の城とは異なり、総石垣の山城で、山頂本丸の中心には五重七階地下一階の高層建築「天主」が造られ、この天主や城内の建物には金箔瓦が葺かれていました。

また、天主の内部は吹き抜けになっていたとも言われ、その威容は、宣教師ルイス・フロイスが「ヨーロッパの最も壮大な城に比肩しうるものである」と記しているほどです。

これら石垣、天主、瓦を用いたということが、それまでの城には見られなかった革命的な要素で、これ以降、近世城郭はこの安土城の影響を受け、急速的に発達していくことになるのです。本能寺の変の後は放火されて焼失してしまい、今は石段や石垣などを残すばかりとなっています。

天正4年(1576)、天下統一の緒についた織田信長が、岐阜城を嫡子信忠に譲って、丹羽長秀を普請奉行として工を起こし、同7年に完成させました。当時、北へ向かって大中之湖へ突出していた安土山の南側に堀を設け、最高所に天守を構築しています。山内各所に武将の陣屋を置き、西側の峰には菩提寺の建立。

天守は外観五層、内七階で、金箔瓦を葺き、狩野永徳の襖絵や異国文化の調度品力渥内を飾ったといわれています。同10年、信長が本能寺に倒れるのと前後して、火災により主曲輪の大部分は焼け落ちてしまいました。城下町も後に、豊臣秀次の八幡城へそっくり移転してしまいます。

信長が安土城築城に取りかかったのは天正4年(1576)。前年に最大のライバル武田軍を長篠の戦で圧倒し、「天下布武」の夢がいよいよ現実味をおびてきた頃のことだ。築城にあたっては、信長の支配下にあった国々から名工と謳われた数多くの職人や大工たちが呼び寄せられた。

築城スタートから3年の月日を費やし、遂に姿を現した「天主」は、絢爛豪華かつ奇想天外、それまでの常識を覆す威容を誇る城塞だった。

安土城に移り住んだ信長は、各地の武将をはじめ、宣教師や茶人など多くの要人を招待し、自身の威光を強烈にアピールする。さらに楽市楽座を開くなど城下町も整備され、安土から天下へ号令を下す準備が着々と推し進められていった。

ところが天正10年(1582)、完成からわずか3年後に安土城天主は炎上。本能寺で散った信長の夢とともに、荘厳な天主は儚く崩れ落ちることとなった。

現在は、總見寺の三重塔と二王門のほか、石垣や石段が残されています。黒金門から本丸へ通じる石垣に囲まれた鉤の手の道、余個の礎石を残す天主台跡など、往時の堅城ぶりを偲べます。二の丸跡には、豊臣秀吉が造立した信長廟もあります。

安土山の東方にある歴史公園「近江風土記の丘」に、滋賀県立安土城考古博物館や「安土城天主信長の館」があり、信長や安土城に関する資料が展示されています。


西欧建築の影響
注目すべき空間
キリスト教を保護した戦国武将といえば、織田信長をあげないわけにはいかない。
信長は、1580年、安土城を完成させ、また城の近くに宣教師の住院用地を与えたことはよく知られている。

この安土城について、詳細な復元的考察を試みている。その復元案で、特に注目すべき点は、天守の吹き抜け大空間の構成である。このような空間は、それまではほとんど日本では見られなかったものである。

例えば東大寺大仏殿のように、ただ単に天井が高いというだけの仏堂建築であれば、日本の伝統建築のなかに充分に見てとれる。

しかし、内藤氏復元の安土城では、宝塔の置かれた上部に、五層にわたって吹き抜け空間がつくられ、舞台が張り出され、回縁が巡らされ、橋が架けられているのである。
このような吹き抜け空間をもつ城郭建築は他に例は一つもない。             
城郭以外の日本建築を見まわしても、このような空間構成は一例も存在しないのである。

果して、この吹き抜け空間はどこからきたものなのだろうか。ここで、西欧の教会堂建築における吹き抜け空間に注目したい。

美術史家・岡本良和氏は、天正年間に入ると肥前・豊後はもとより、近畿地方の諸国にも天主堂があるという宣教師の記録が多く、それらの建物に西洋建築の要素があったと指摘している。

そしてさらに、イエズス会士礼法指針七章のうちの第八項には、教会堂はヨーロッパの慣例を保持するようにつくられ、礼拝堂は長くして、玄関を除いて一体となるようにし、その両側に日本風の座敷を設けなければならないとある。

一体的な空間が両側に座敷をもつからには、安土城天守にみる身廊のような吹き抜け空間があったとしても決して不自然ではない。

後述する通り、信長が安土城下に建設を許した教会建築は三階建てであり、またその頃京都に建てられた教会堂も三階建てであった。その姿は「都の南蛮寺図」(神戸市立博物館蔵)にも描かれているが、天守閣に酷似した意匠をもつ。安土城同様の彫金を施した豪華な瓦の使用が、特に信長から認可された由も、ここにきて容易に理解できるのである。

安土城天守は、基本的には日本の建築様式である唐様を取り入れている。しかし、その意味は、例えば金閣寺のように多分に日本化された唐様ではない。

それは、宣教師ら西欧人の目から見た日本の建築様式としての唐様であったのではないか。
宣教師たちは、布教に際して日本順応のために、日本の建築様式を自らの教会堂に取り入れようとしたのである。

しかし、日本人から見たその様式は、日本というよりも、南蛮風とでも呼ぶべき中国色の強い異質なものであった。信長ら安土城をつくった人々には、それがまだ目にしたことのない西欧の造形に思えたのではないだろうか。

そこで海外の使節を迎えても恥ずかしくないような国際的な様式として、あるいは日本においては前衛的造形として安土城に採用されたに違いない。一考を要すると思われる。

城の構造
安土城天守の内部は地上6階・地下1階、高さは46mにおよぶ。その意匠は中国やヨーロッパなど異国建築の要素を取り入れたもので、南蛮風唐様と呼ばれている。名工の粋を集結させたその様は、まさに巨人な芸術作品。外壁や内壁、瓦に大量の金箔が用いられ、黒や朱の漆塗が見事な色彩を織り成す。信長が実際に暮らしたとされる内部もまた豪勢で、当代随一の絵師・狩野永徳が中心に描いた障壁画や天井画に彩られていたという。



この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!


ナビ
Page Top