前へ
次へ

城に関する用語一覧

城に関する用語一覧です。城の種類や設備などたくさんあるので知らない用語はチェックしましょう。

詳しくはこちら

城の意味

戦国時代の城郭は、単独では成立しない仕組みである。古代から室町時代中頃までの城や舘は、いわゆる農耕地を掌握し、地域の支配拠点であった。すなわち地域という面の中心でした。

詳しくはこちら

城の見方

城を訪れたなら、城のある自然条件、城が築かれた当時のその地の地域史、交通などを考え、どうしてここに城が築かれたのかを考えてみると、様々な政治的、経済的、軍事的な目的が見えてくるでしょう。

詳しくはこちら

九州のお城一覧表

九州の城一覧表です。日本全国に同じ城は1つもありません。それぞれに造りが違い、歴史も違います。ここでは各城の解説もまとめていますので、知識も深まります。

詳しくはこちら

関東のお城一覧表

関東の城一覧表です。日本全国に同じ城は1つもありません。それぞれに造りが違い、歴史も違います。ここでは各城の解説もまとめていますので、知識も深まります。

詳しくはこちら

関西のお城一覧表

関西の城一覧表です。日本全国に同じ城は1つもありません。それぞれに造りが違い、歴史も違います。ここでは各城の解説もまとめていますので、知識も深まります。

詳しくはこちら

城の魅力

一般に「城」といえば、白亜の天守がイメージされることが多いと思います。現在、各地方都市の地域興しのパンフレットなどに「手前に石垣があり、その向こうに天守がそびえ建つ」式のイラストをよく見かけます。しかし、石垣や天守は城のごく一部にすぎないのです。

たとえば、東京都には200以上の城跡がありますが、石垣を持つ城は江戸城・八王子城・滝山城・片倉城などいくつかに過ぎず、天守を持つ城は、かつてはありましたが、現在では一つもありません。

しかし、天守がなくても城には魅力があります。出かける場所といえば必ず城跡、という人も少なくないようです。日本全国どこにでも城跡はあり、今は100名城がブームでスタンプを集めている人もいるので全国を巡るのも楽しいと思います。

サイトコンテンツ

城の見方について

まず城を訪れたなら、城のある自然条件、城が築かれた当時のその地の地域史、交通などを考え、どうしてここに城が築かれたのかを考えてみると、様々な政治的、経済的、軍事的な目的が見えてくる。河川と街道による運送は、城の立地を考える上で品も重要だ。とりわけ城に用いる石材、大型木材は陸送運搬は不可能で、浮力を利用した水運が不可欠だ。

詳細:城の見方について

秀吉は戦国時代で最も優れた築城スペシャリストだった

豊臣秀吉は、いうまでもなく、織田信長、徳川家康と並び称される戦国時代を代表する武将のひとりです。貧しい農民の子として生まれ、「足軽」と呼ばれる最も身分の低い家臣の位で、時の権力者・信長に仕え、数々の活躍の後、信長亡きあとの権力者に成り上がった秀吉の出世話は、あまりにも有名ですが、城づくりに関してもスペシャリストでした。
秀吉は、ただ単に多数の城郭群をつくっただけでなく、それらの多くは、のちの城郭や城下町に強く影響を与えた独創的なものだったのです。
詳細:秀吉は築城のスペシャリスト

家康と秀吉の決戦である天下分け目の関ヶ原の戦い

戦国時代で有名な戦いといえば関ヶ原の戦いではないでしょうか。ここではその歴史を詳しく解説していきます。

家康が大坂城を留守にした隙に三成は行動を起こし、西国の雄・毛利輝元を盟主に祭りあげて、反家康派の勢力を結集して挙兵。大坂城を占拠した。ここに、天下を二分する関ヶ原合戦が始まっていくのです。

詳細:家康と秀吉の決戦である天下分け目の関ヶ原の戦い

Page Top