目次

城の石垣の積み方や勾配など構造と美しく見せる仕上げ

城の石垣の積み方や勾配など構造と美しく見せる仕上げ

城跡において現在、もっとも城らしさを感じさせるものは石垣でしょう。城の建造物は、年代の経過とともに極端に減少していきます。建物があっても、それは復元や復興によるものが多いので、当時から残る遺構として、石垣がもっとも簡単に往時を偲ぶことができるのです。

石垣は、城の崖や堤の崩壊を防ぐために、土の表面に石を積み重ねた垣といえます。中世以前の城では土塁だけでしたが、その表面に石を接ぎ合わせることにより、堅固さを増すことになりました。

つまり石垣を造るのも、やはり土塁からとなるわけで、土塁の最下部に基礎を造り、ここから石を積み重ねていきます。

このように、城に石垣の利用が見出されますと、城は「永久城郭」の要素を持ち始め、近世城郭の出現を見るにいたったのです。近世でも初期段階においては、石垣は城の防備上重要な部分にのみ使用されていました。上野の金山城、美濃の岐阜城、同小倉山城、播磨の置塩城などで見られます。

それが、安土城築城を皮切りに、穴太の石垣師が活躍し始めて、全国で壮大な城の美を造りあげていきました。この石垣技術の発達は、わが国の土木技術の発達をも急速に促します。石垣の上に建つ建造物も、「土台」を用いることが見出され、建築技術の発展にも大いに寄与しました。


石垣の構造
石垣の基礎は地盤によって変わります。山城のような強固な地盤の場合、地面を掘り、根石(石垣の基礎となる石)を固定して、そこから石を積み上げていきます。基礎をより強くするために、小石を根元に詰めることもあります。

しかし平城の場合は、水堀の中から石垣を立ち上げることが多いため、工夫が必要になります。堀の底に太い松の胴木を敷いて、その胴木がずれないように、短い松丸太の杭を打って留めます。

そして、胴木の上に直接に根石を据えて石を積んでいくのです。胴木の上に根石を揃えて載せることで、石垣が崩壊する大きな原因である不同沈下(まちまちに沈んでいく)を防いだのです。

次に根石の上に積石を積み上げていきます。積石は、石垣表面から少し後ろでお互いに接して支え合っていますが、完全な固定と角度の調整のため、後方に飼石を入れます。飼石は隙間に合わせた大小さまざまの石です。積石の背後には裏込石をぎっしりと詰め込みます。

裏込石は石垣を裏から支えるほかに、石垣中の排水を容易にするという重要な役割を持っています。石垣に降り注いだ雨はただちに裏込石の間を流れ落ちて、石垣には余分な水圧がかからないのです。

また、野面や打込接などの石垣で、表面にできる石どうしの隙間は、石垣を上る足掛かりなどにならないように、また見栄えをよくするために、間詰石と呼ばれる小石が詰められました。
こうして一番上の天端石まで積み上げられて、石垣は完成します。


石垣の種類
1つの城でも、さまざまな種類の石垣が混在しています。石垣は石の加工の程度と積み上げ方によって種類が分かれます。石垣に使われている石の加工の程度は3種類に分類でき、さらに積み方から、2種類と変則2種類に分類することができます。

積石の加工程度
積石の加工の程度による分類では、野面(野面積)、打込接、切込接の3種類に分かれます。

野面は自然の石をそのまま、もしくはあまり加工しないで使用したもので、石と石の間に隙間が空くので、間詰石という小石を詰めます。

もっとも原始的な石垣であまり高く積むことはできませんが、積むには高度な技術が必要で、今日では野面を積める石工はほとんどいないといわれています。目が粗く、手掛かり足掛かりができて上りやすくなるという欠点があります。

打込接は積石の接合部分(合端)を加工して、隙間を減らした方法です。「接ぐ」というのは接合するという意味です。文禄年間(1592)以降に造られた城の石垣のほとんどはこの打込接です。石どうしの隙間がなくなって上りにくくなりました。

切込接は積石を徹底的に加工して隙間がないようにしたものです。最初はおもに角の部分に使われていました。慶長年間(1596)後半に広まった石垣です。

このように石垣の積み方は、野面→打込接→切込接という段階で発展してきましたが、必ずしも野面だから古いというわけではありません。石垣の加工は、石の種類や採石方法、あるいはそのときの経済状況によって異なってきます。

砂岩のようなものは加工しやすいので切込接の石垣として使いやすいのです。しかし、古い石垣を解体して再利用した場合は、時代が下っても野面となります。ですから、幕末期の野面も、江戸初期の切込接もあります。


石の積み方
石の積み方という分け方では、大きく2種類あります。布積と乱積です。
布積は石垣の横方向の並び方を見たとき、横にほぼそろっているものをいいます。石材を一段ずつ横に並べて置き、横目地が通るように積みます。同じような高さの石を選ばなくてはなりませんが、技術的には簡単な方法です。

逆に横方向の目地がそろっていないものが乱積です。不規則な形の石どうしを積み上げているので、横目地がそろいません。雑然と積み上げたように見えますが、高度な技術を必要としました。

目地が縦にそろっている石垣は、崩れやすく、多くが明治以降に積まれたものです。
石垣を詳しく分けると石垣は石の加工程度と、積み方を組み合わせておよそ6種類に分けられます。たとえば、「打込接布積」といった具合にです。

これらのほかに、変則的な積み方があります。
石を斜めに積む谷積(落積)と、石を六角形に加工して積む亀甲積です。亀甲積は江戸時代後期の比較的低い石垣に、谷積は江戸末期の新しい石垣に使われました。谷積は技術が低くても積めるため幕末期や明治以降に積み直された石垣でも見ることができます。

さらに昭和になって積み直されたものに、規格化された小さな石(間知石)を谷積にする間知石積が現れてきます。そのほかにも、丸い河原石(玉石)を積み上げた玉石積や、江戸城など大きな城の石垣には、巨大な石(鏡石)の周りを小さな石で固める積み方も見られます。


石垣の工法
一見して、いずれも同じように見える石垣でも時代とともに変化しています。代表的工法には「野面積み」「打ち込みハギ」「切り込みハギ」の三種があります。この分類は、江戸時代の荻生柤採がなした分類です。自然石のまま積んでいく古い方法を「野面積み」といいます。

胴長の石を、牛努状に積んでいく「牛萎積み」も「野面積み」の一工法ですが、なかでは一番しっかりした積み方であると思われます。しかし「野面積み」は、勾配があまり急にはできませんから、見た目には美しくありません。近世城郭の最盛期には、使用されなくなりました。

石に角をつけて、互いに組み合わせる工法を「打ち込みハギ」といいます。近世城郭では、主要部分を除く石垣の大部分がこれに属します。この工法は、安土築城から以後使用されていきます。

石の形を整え、高さが等しくなるように規則正しく積み、栗石は食わせない工法が「切り込みハギ」です。工法の発達は、「野面積み」「打ち込みハギ」、そして「切り込みハギ」と進み、進歩に従って勾配のつけ方も工夫されていきました。

後者が石の目地(接ぎ目)が整然としているのに対し、前者は隙間が多く、粗い感じの石垣となります。このほか不規則に石を重ねた「乱積み」、水平に横目地を通した「布積み」、下方の石を谷間に落とすようにした「落とし積み」などもあります。


石垣の仕上げ
城の石垣は表面を美しく見せるために、仕上げ段階で「化粧」が施されることがありました。石垣に仕上げが施されるのは関ヶ原の戦い(1600)以降で、江戸期に多く行われました。

最初に石垣の表面を平らに仕上げて見栄えをよくしようとしたのは、加藤清正といわれています。

清正が手がけた南関城の石垣は、一枚岩のように仕上げられています。
化粧の仕上げの目的は美的な問題で、表面の凸凹を消して、石の表面を美しく見せるためでした。

そのやり方は、石の表面を少しずつ鉄のノミで打ち欠く(「はつる」といいます)だけなのですが、根気のいる仕事でした。

打ち欠く方法には2種類あり、1mほどの小さなはつりをまんべんなくしていくはつり仕上げと、すだれ状の縦すじに削っていくすだれ仕上げです。

すだれ仕上げのものは、今日でもはっきりと見えますが、細かいはつり仕上げの石垣は風化によってほとんど見られなくなり、よほど注意して見ないとわかりません。江戸城の天守台や名古屋城の天守台などで見ることができます。

隅石の化粧は特に念入りで、石垣の隅の稜線が石垣の最下段から頂上まで一本の線になるように仕上げてあり、みごとです。なお、近年再築された石垣は、化粧などはほとんど施されておらず、はつり仕上げもすだれ仕上げも残念ながら見ることはできません。


石垣の反りと勾配
石垣を特徴づけるもう一つの要素は、その勾配と曲線です。内側からの士圧に対して、石垣に曲線をつけて強くするのですが、その曲線は石垣の断面に現れるだけではなく、平面的に見ても、内側にそった曲線が現れます。従って、天守台では古いものほど空から見ますと、正方形のそれぞれの辺が内側へ円弧になった形になって見えます。


初期の石垣はあまり高さがなく、ほとんど垂直に立てられました。
その後、高さを求めるようになってくると、ゆるい勾配ができるようになっていきます。

垂直な石垣では高く積むことができず、地震や台風などの自然災害には崩れやすかったためです。石垣の勾配は、関ヶ原の戦い以前がゆるやかで、慶長期(1596)には急になっていく傾向があります。

石垣の下の部分がゆるやかで、上に行くに従って急勾配になり、最後はほぼ垂直になる勾配を寺院建築の屋根に見立てて寺勾配(扇の勾配)とも呼びます。

最後の垂直に立つ部分がない、ゆるやかなままの勾配は宮勾配と呼ばれました。寺勾配の石垣は熊本城によく見られ、加藤清正が築いたため清正流石垣とも呼ばれています。

石垣に反りをつける場合、最下部から徐々に反らしていくことはしません。頂部だけを急にするのが目的だからです。石垣の2分の1まではゆるやかな直線で、残りの2分の1に反りを入れるのが通常です。

反りは一石ごとに急にし、その数値が大きいほど急勾配となります。こうした急勾配の石垣は上りにくいため、武者返・忍返となります。萩城天守台の石垣が好例です。

石垣には反りのないものもあります。まったく反りがなく、直線の勾配のものは、清正に並んで築城の名手と言われた、藤堂高虎が好んで使用しています。伊賀上野城、今治城、津城など、高虎が築いた城には反りのない石垣が見られます。一直線で高く積んだほうが、作業的にはより効率的ともいえます。


石垣にみる建築の推移
実際に人が暮らしていた形跡がないという姫路城天守。では、なぜここまで立派な城をつくる必要があったのだろう?

大名が力を誇示するため、というのも然り。だが最大の理由はなんと失業者対策。合戦によって経済が動いていた戦国時代が終馬を迎え、失業者が急増。城郭建設によって雇用を確保し、経済をまわしていたというのだ。泰平の世にいたって城郭工事は、公共事業の側面を強めていくのである。

戦国の城づくりは一重に担当する武将の才覚によったが、江戸時代に入ると城下町を含む城郭造りのマニュアルが登場する。いわゆる建設業者「ゼネコン」で、城郭建築は完全にシステム化するのだ。

資材集めや作業員確保に追われていた戦国期からすれば、画期的な躍進である。 秀吉も城主だったことがある姫路城は、戦国から江戸へかけての劇的な城郭建築の進歩を見るに、最適な城なのである。

戦国時代の寄せ集めの石垣
戦国時代に建てられた城によく見られる野面積み。石を集めるのが難しかった時代で、転用石はもちろん、凝灰岩などさまざまな石を使っており、見た目も不揃いで武骨な印象を与える。秀吉時代の石垣は、上山里曲輪や北腰曲輪、西北腰曲輪などで見ることができる

戦国から江戸、過渡期の石垣
石集めのノルマに苦心した家臣や領民たちが所有者不明の石は根こそぎ持っていったとか。その結果、現在でも石垣をよく見てみると梵字の入った墓石などを見つけることができる。姫路城近くにある随願等には「寺の石を勝手に持っていかないように」という書面が残っているという

ゼネコンによる整備された石垣
輝政の後、元和3年(1617)に姫路城主となった本多忠政の時代になると、石を集めるための「業者」が登場するなど、城郭建築が完全にシステム化されていた。忠政の手がけた西の丸の石垣を見ればわかるように、サイズの揃った石が整然と並んでいる



この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!


ナビ
Page Top