目次

上杉謙信は戦国時代屈指の戦い巧者

伝説さえ生まれた戦巧者同士の大激戦

上杉謙信と武田信玄の一騎打ちもあったという。 武田軍が川中島近郊に築いた海津城の存在は、謙信を刺激した。永禄4年(1561)4月、攻略目標を関東から海津城に変更して、謙信は1万3000の兵を率いて信濃・善光寺平へと入った。そして海津城を眼下に望む妻女山に陣を敷いて攻略の準備をしたが、謙信の動きに対して信玄の対処もまた迅速だった。

謙信着陣の翌日には甲府を出陣。2万の軍勢を率いて、妻女山を正面に望む茶臼山砦に陣を敷いた。しかし、謙信は妻女山を降りてくる気配がなく、膠着状態は続く。 一旦、信玄は軍勢を海津城に入れたが、このままでは埒があかない。そこで軍師・山本勘助の秘策「キツツキ戦法」を採用することにした。1万2000の別動隊を組織して、これに妻女山の上杉勢を奇襲させる。そして、奇襲攻撃に慌てて山中から撤退して降りてくる上杉軍を、山麓の川中島方面で待ち構える信玄電下の8000の本隊と挟み撃ちにして瞬減するというもの。

だが謙信は武田軍の別動隊が来る前に、夜陰に紛れて全軍を下山させた。そして翌朝、別 胡動隊が妻女山に到着した時には上杉の陣はもぬけの殻。謙信はすでに川中島に布陣して、信玄の本隊に攻撃を仕掛けてきた。上杉勢の猛攻に鶴翼の陣形は崩され、信玄の弟・武田信繁や山本勘助などの名将が次々に戦死、敵兵は信玄の本陣にまで殺到してくる。

しかしこの時、妻女山に向かった別動隊が必死に山を駆け下り、戦場に到着。兵力差は一気に逆転して、挟撃をうけた上杉勢は圧倒的不利となった。謙信は即座に退却を決断。こうして、川中島をめぐる最大の激戦は、またも決着がつかなかった。


柴田勝家の大軍を壊滅させた謙信の戦術
謙信がようやく領土を拡張しようとしたのは、元亀元年(1570)頃。台頭してくる織田信長に対抗しようとして、越中から能登にかけて勢力を伸ばそうとしたのだ。この時期、長らく敵対関係にあった上杉謙信と本願寺が和解。弱体化していた信長包囲網は、謙信の参画で再び勢力を盛り返した。謙信はまず、能登の平定にあたり、畠山氏の本拠である七尾城を攻めた。七尾城が天正5年(1577)9月15日に落城すると、能登をめざす織田家の柴田勝家とぶつかった。

謙信は主力を率いて七尾城を出撃、手取川の付近にあった松任城に入った。 一方、勝家は謙信の出陣にまったく気がついていない。増水する手取川の渡河に難渋しながら、兵を必死で叱咤激励して、七尾城へと急いでいた。しかし、渡河を終えたところでついに七尾城の落城を知る。そして、上杉軍の主力がすぐ近くの松任城にいると聞かされて、さすがの猛将・勝家も蒼白となった。謙信相手に自分の手勢だけでは勝ち目は薄い。

即座に撤退を決断して、再び柴田軍は手取川を渡る。 しかし、強行軍で兵は疲れ果て、復路の渡河はさらに難渋して手間取った。柴田軍にとってはそんな最悪の状況で、後方の松任城から出撃した謙信の軍勢が襲ってきた。柴田軍の将兵はほとんど抵抗もできずに殺され、手取川の急流に飲まれて大量の溺死者を出して壊滅する。


この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!


ナビ
Page Top