城の出入り口はとても重要な意味があったのでその詳しい説明

城の虎口を発展させた枡形や敵から守るための馬出について

虎口
城の曲輪の出入り口を虎口といいます。ふつう虎口には城門を建てます。
虎口は小口の当て字のようで、古い時代には曲輪への狭い出入口のことをいいました。

本丸の虎口は、表口の大手と裏口の搦手の少なくとも二か所に開きました。城外から本丸へ行く道筋は、小城でも二本、大きな城だと数本あり、その道筋を途中で複雑に折り曲げて、要所要所に門などで仕切って虎口を造りました。

その中で、もっとも大切な表口にあたる虎口を大手(城によっては追手とも)、次に重要な裏口にあたる虎口を搦手といいました。

厳重な虎口は、通路を折り曲げるだけでできます。直線ですと、城門を突破した敵は簡単に中へ侵入してしまいます。通路を曲げることで敵の勢いをそいだのです。

さらに大きな目的は、通路を折り曲げることで、敵兵に横矢を掛ける(二方向以上から攻撃すること)ことができるようにするためでした。通路に沿って城壁を曲げたり張り出させたりすることで、敵の横や後ろから攻撃することができたのです。

大手の虎口は正面入口にあたるため、特に厳重に造らなくてはなりませんでしたが、それと同時に、城主の威厳を示すため、見た目も立派でなくてはなりません。そのため、道幅を広く取り、城門を大きくしました。

それに対して搦手は、厳重であればよいので、道幅を狭くして、城門も小さく、少人数でも守れるようにしました。なお、近世では主要な虎口の外は堀になっています。


枡形
枡形は虎口を石垣や土塁で囲った小さな広場のことです。江戸時代には四角いものを枡形と呼びました。
枡形は虎口の最終的な発展形といわれています。最初は桃山時代に造られたとされています。

関ヶ原の戦い(1600年)の後になると広場は広くなり、枡形の城外側に高麗門、城内側に櫓門と城門を二重にすることで、さらに厳重な造りになっていきました。特に厳重な例は、櫓門と高麗門を構えたうえに、多門櫓で三方を囲み、堀を巡らしています。

虎口を造る場合に大切なことは通路を折り曲げることですが、枡形を造るときも、枡形内で敵が直進できないように門を配置する必要があります。折り曲げる方向は、敵から見て右に折れる枡形が圧倒的に多くなっています。

その理由は、櫓門の上から敵に矢を射ることを重視していたからです。城外から高麗門を入ってきた敵に対し、矢を射るときは左側に敵を見る方が攻撃するのに有利であるため右折れになるのです。

ただし、縄張の都合でどうしても左折れになる場合がありますが、これは枡形が曲輪の右隅に位置する場合です。江戸時代の軍学では、枡形に出撃する軍勢を入れて、数を測ったといわれています。

広場の大きさは「甲陽軍鑑」などの軍学書では「58」つまり、奥行き5間(1間=約2m)、間口8間、坪数で40坪と定めています。その中に、騎馬武者25~30騎、従者を入れて合計120人ほどを収容できたといわれています。実際には、もっと大きな枡形のほうが一般的です。


馬出
馬出は虎口から出陣する城兵を敵から隠すだけでなく、虎口の外観を守るために造られ、城壁に近づく敵に横矢を掛けるための場所とされることもあります。

馬出には長方形平面の角馬出と半円形の丸馬出があります。通常の形式では、馬出と虎口は堀で区切られ、細い橋でつながれています。

馬出の役割は横矢を掛けることなので、馬出の出入口の通路には城門を設けないのが原則でした。馬出の大きさは100坪くらいが標準ですが、城ごとに違っています。

馬出は地域的にも差があって、関東や東海地方に集中し、西日本ではほとんど見られません。また、馬出は外郭に設置されることが多く、明治の廃藩置県以降に交通の障害になるとしてほとんどが取り除かれてしまい、現存するものは諏訪原城(静岡県)、五稜郭、名古屋城、篠山城などわずかになっています。

馬出は防備の拠点で、もっとも厳重だったのが名古屋城本丸の大手馬出でしたが、現存していません。同様に造られる予定で未完成に終わった搦手馬出は、保存状態もよく、馬出を見学するには最適です。

馬出は、丸馬出と角馬出とに分かれますが、実際の例としては角馬出が多く、角馬出の変形として曲尺馬出がありました。これは曲輪の城壁が直角に折れ曲がった位置に長方形の馬出を造ったもので、城内から二方向へ射撃をすることができました。現存するものはありませんが、関東地方の城郭に多く存在していました。


この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!


ナビ
Page Top