目次

香川県・丸亀城|天守が北側を正面している珍しい城

丸亀城(香川県丸亀市一番丁)

丸亀城について
丸亀城
国重要文化財 天守、大手一の門、大手二の門
別名 亀山城(かめやまじょう)
分類 平山城
築城年 慶長2(1597)年
築城主 生駒親正、一正
主な城主 生駒氏、山崎氏、京極氏
香川県丸亀市一番丁

丸亀市街地南部にある標高66メートルの亀山を利用して造られた平山城です。

現存する木造三重天守の中では最も小さいものですが、総高60メートルの日本一高い石垣の上に建っているためか、実際よりも、その姿は大きく、威風堂々と見えます。

慶長2(1597)年、生駒親正・一正父子によって築かれた丸亀城は一国一城令で破却の対象となり、生駒氏は改易、二分された讃岐国の西部は山崎家治の所領となるも、山崎氏も改易され、万治3(1660)年、次に城主となった京極高和によって天守が完成されました。


天守が北側を正面している珍しい城
ここの特徴は、何といっても、天守が北側を正面としていることでしょう。通常、天守は南側が正面のものが多いのですが、これは北側。

なぜかと言えば、天守の北側に瀬戸内海が広がっているからです。丸亀港は金毘羅宮の玄関港として栄えてきたところ。江戸時代には各地から、船がこの丸亀港を目指してやってきました。

そうした瀬戸内海を通る船から見えるように、ここは天守が北側を向いているというわけです。ですから北側正面には、唐破風や下見板張り、格子窓などの装飾が施してあり華やかですが、天守への入り口のある西側は非常に簡素になっている。ここもこの顔の違いが見どころのひとつですね。



この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!


ナビ
Page Top