城には櫓門・薬医門・高麗門・長屋門など数多くの種類の門がある

城には櫓門・薬医門・高麗門・長屋門など数多くの種類の門がある

「城門」は、城の防備を固めるための出入口であるとともに、城の威風を示すものなので、入念な構造になっています。正門を「大手門」といい、表門にあたります。

敵の正面に攻撃をかけるための門なので「追手門」とも呼ばれています。裏門は「搦手門」といい、敵を搦め取るという意味から付けられた名称です。

城に特有の門として「櫓門」があります。石垣と石垣との上に載った渡櫓と、その下にある門とで構成されています。普通の屋根以外に、左右の控柱にも屋根を付けたのを「高麗門」といいます。

また、城の防衛上、特殊な配慮から造られているのがうずみ門です。これは石垣や築地、土塀などに埋め込まれたような構造を持つ小さな門で、敵の来襲など、緊急事態には埋めてしまうことから名付けられた名称です。門を構造や様式により分類しますと「薬医門」「高麗門」「櫓門」「桝形門」などに分かれます。

門扉に銅や鉄が張ってあるのが、「銅門」「鉄門」です。近世武家住宅の表門に用いられた、長屋状建物の一部を開いて門扉としたのが「長屋門」です。薬医門や高麗門は平門で、主柱2本と控柱2本に屋根を付けた構造になります。

櫓門は門の上に構造物を載せた重層門で、石垣上に多聞櫓を造り、下部に出入口を設けたものです。平門よりも重厚で、その城郭のなかでも、主要な虎口に置かれたのはいうまでもありません。

櫓門
城は軍事施設なので、敵の侵入を防ぐために要所要所で空間を区切る門は城にとってなくてはならないものでした。そのため城には櫓門・薬医門・高麗門・長屋門など数多くの種類の門があります。

しかし、門の基本構造はみな同じで、門の正面に二本の柱(鏡柱)を立て、その上に太い冠木を渡し、倒れるのを防ぐための控柱を後ろに立て、二段か三段の貫でつなぎます。

その上に櫓を置いて、下を城門、上を櫓としたのが櫓門です。櫓門は二階建てあるいは三階建てで、「門櫓」といわれて櫓として扱われることもありました。櫓門の上の建物を渡櫓といいます。

櫓門は、門の中でも最も格式が高く、厳重な構えの門です。そのため、大手門などの主要な場所に使われました。とくに枡形門を構える場合には城内に近い方の門は櫓門とするのが一般的でした。

櫓門の防備力はとても高く、上の櫓には窓や狭間が造られ、外の様子を常に監視し、攻撃することができました。さらに、櫓の張り出した部分の床を開いて石落とすれば、門の近くまで迫ってきた敵も攻撃できたのです。

櫓門は格式も高いため、天守と同じくらいの装飾を施したものが多くあります。屋根に鱗を上げたり、外壁に長押形を見せたりしました。慶長期(1596)以前の古い形式の櫓門では、柱の形を浮き出させたりする塗篭にしたり、白木の柱を見せる真壁造にしたりしました。

特に格式が高いものは舟肘木という船底形の木の棒を置いて、書院造のような様式にしているところもあります。姫路城の菱の門は、これらのほかに華頭窓があるなど、高級な寺院建築のようでもありました。


薬医門と高麗門
2階建ての城門は櫓門だけですが、平屋建ての門の種類は多くあります。
その代表的な門が薬医門と高麗門です。

平屋建ての門の中で、最も格式が高い門が薬医門です。室町時代から武家の門に使われていた正式な門の様式で、鏡柱と控柱という柱の上に切妻造の屋根を架ける形式です。扉が雨にぬれるのを防ぐため、屋根を前にずらして、正面側の軒を長くするように造られます。

けれどもそれでは、大きな屋根のために城内からの視界が遮られ、門のすぐそばにいる敵に対して射撃ができないという欠点がありました。

そのため城門には向かず、防備よりも格式を重視した場所に使われる程度になりました。宇和島城上り立ち門などが現存しています。そうした薬医門の欠点を改良したのが高麗門です。

高麗門は屋根の奥行きをぎりぎりまで狭めて、鏡柱から控柱に別の小さな屋根を架ける方式です。屋根が小さくほとんど遮られないため、城内からの監視ができます。さらに門を開いた状態でも両脇の小屋根の下に扉が収まるので、門扉が雨にぬれることがなく、使い勝手のよい門でした。

高麗門は屋根の架け方によって、新旧2種類に分けられます。旧式の高麗門は、鏡柱上に載せた冠木の上に直接屋根を架けるもので、高麗門が出現しはじめた慶長年間に見られる形式です。

一方の新式は元和年間以降に改良された形式で、鏡柱を屋根まで高く伸ばすものです。冠木を鏡柱の側面に差し込むことになり、冠木の上に壁ができるのが特徴です。

さまざまな城門
城門そのものの構造は、鏡柱、冠木、控柱など、ほとんど変わりませんが、門の中には基本構造を省略した形式や、特殊な形式の門も存在します。

控柱を省略した門が棟門です。鏡柱と冠木の上のみに屋根を架ける構造で、門が開いた状態では門扉が雨にぬれ、控柱がないために構造が不安定で、小さなものが用いられただけでした。

現存例も姫路城水の一門・水の二門などごくわずかです。さらに屋根を省略したものが冠木門です。冠木門は江戸時代には平屋建ての城門の総称でしたが、現在では鏡柱と冠木、扉だけの門を指します。

扉が風雨にさらされるため城門として使われることはまれでした。現存例はなく、今日見られる冠木門は再建されたものです。

冠木も省略した非常に簡単な門が塀重門で御殿の前庭への入口に設けられましたが、これは御殿前庭で行われる閲兵の際に、旗指物(鎧の背に指して戦場などで目印とした小旗)を背に差した騎馬武者が冠木に当たらないように通るためです。

門の中にはさらに特殊な造りの門もあります。
城門を石垣に中に造ったものを埋門といいます。
石垣を狭く切った間に、城門を建て、上に土塀を通す形式と、石垣に穴を開けて通路とし、そこに城門を設ける形式の二種類があります。防御性は非常に高く、裏口や非常口として造られました。

長屋の一部を城門としたものが長屋門です。近世の城郭では、曲輪の仕切りのほかに、御殿や家臣の屋敷、土蔵などの周りに長屋が建てられており、それらへの入口として使用されました。


この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!


ナビ
Page Top