日本の城の特徴と歴史をまとめた一覧表│九州・沖縄の城

九州・沖縄の城一覧表

九州の玄関口に位置する小倉城
福岡県北九州市小倉北区城内2-1
築城者: 細川忠興
遺構: 石垣、堀

慶長5年(1600)の関ケ原合戦で徳川家康に従って軍功をあげた細川忠興は、豊前1国と豊後2郡を与えられ、豊前中津城に入りました。しかし中津は、城が小規模なうえに交通が不便でした。そこで北九州の要衝地小倉に築城を計画、同7年に建設にとりかかります。場所は響灘に臨む紫川河口の丘陵で、関門海峡を挟んで本州と九州を結ぶ要衝の地でした。

工事には、豊前領内の諸職人をはじめ、豊後・筑前・長門・周防・石見の諸国から大工・左官などが集められ、6年後にはほぼ完成しています。

最高所には本丸を置き、その北東部に4層5階の層塔型天守が建てられました。この天守は最上部の4層目が上下二段に分かれ、上段が下段より大きく張り出しています。4層目を上下に分ける部分には屋根がなく、白壁のままという独特なもので、「唐造」「南蛮造」とも呼ばれています。

また、城は響灘が大きく入り込む入江を利用して築かれているため、水堀が幾重にも巡らされて、海城としての様相も示していました。この天守は天保8年(1837)に焼失してしまいます。

現在の天守は、昭和34年に建てられた復興天守で、コンクリート造りですが、4層5階、この天守にはシアターなども設けられ、市民に開放されています。


広大な城域に47の櫓を配置福岡城
福岡市中央区城内1番
築城者:黒田長政
遣構:天守台、櫓、石垣、堀

慶長5年(1600)の関ケ原合戦で東軍の先鋒となり、また西軍諸将の裏切りを誘った功績で戦後筑前一国を与えられた黒田長政は、それまで小早川氏の居城であった名島城に入りました。

しかし、この城は三方を海に囲まれ、後背地も城地も狭く、防衛的にはすぐれているものの、城下を含めての近世城郭としては問題がありました。そこで福崎の地に新城を築くことになりました。

同6年、石積みの名人といわれた野口一成を普請奉行として築城を開始します。築城石材は古墳や元冠防塁を壊して使用しました。7年後に完成した城は、内城面積24万平方メートル、外郭の北は博多湾、西は草香江、東は那珂川、南は肥前堀などの堀で、城地面積50万平方メートルという壮大なものとなりました。

櫓は、多間櫓・潮見櫓・月見櫓・花見櫓など大小47棟、門は10棟と天守台が建てられましたが、天守の建造は、最初から計画されていませんでした。どうやら幕府に対する遠慮があったようです。そして城地の名を、黒田氏発祥の地とされる備前邑久郡福岡村にちなんで、福岡と改めました。

その形状から、舞鶴城とも呼ばれた城跡は、国の指定史跡であり、現在は舞鶴公園として開放されています。中は広く、一周するのにも時間がかかります


難攻不落の三険城の一つ岡城
大分県竹田市大字竹田2889番地
築城者: 中川秀成
遺構: 石垣、櫓台


岡城は、文治元年(1185)に緒方三郎惟栄が源義経を迎えるため築城したものと伝承されています。そして南北朝時代の中期、大友一族である志賀氏が直入郡に進出、応安2年以降、岡城は志賀氏の居城となりました。

天正14年(1586)から翌年にかけての島津氏と大友氏の戦いに際して、島津軍3万の大軍が岡城に襲来します。弱冠18歳の志賀親善が攻守し、豊臣秀吉から感状を下賜されました。

志賀氏は17代約200余年間続き、二の丸の高石垣大友義統の豊後除国にともない、文禄2年(1593)に岡を去っています。翌年中川秀成が入封、秀成によって岡城も近世城郭の形態を整えていきました。

城郭は、ほぼ東西に延びる台地上に展開する山城ですが、その建築形態は山城的殿舎で構成された曲輪(廟所)、平山城的殿舎で構成された曲輪(本丸・二の丸・三の丸)、平城的殿舎で構成された曲輪(西の丸)からなっています。

本丸・二の丸・三の丸は東西の中仕切によって区切られていました。本丸には、天守の代わりである3層4階櫓がありました。現在の城跡は国の指定史跡になっており、雄大な石垣が連なるとともに、城郭からの眺望のすばらしさに定評があります。滝廉太郎作曲の「荒城の月」の旋律はここで生まれました。本丸跡に、廉太郎の銅像が立っています。



唐津湾からの眺めが美しい唐津城
佐賀県唐津市東城内8-1
築城者: 寺沢広高
遺構: 石垣

唐津城は、豊臣秀吉の家臣寺沢広高が慶長7年(1602)から7年の歳月を費やして同13年に完成しました。

築城には、九州諸大名の応援を得て、名護屋城の解体資材を用いたといわれています。城は本丸・二の丸・三の丸に分かれ、本丸が建つ満島山は松浦川の流れを変え、切り離されたものでした。城の全域は約45ヘクタールとなっています。

城主には、寺沢氏に次いで、大久保・松平・土井・水野・小笠原氏が封ぜられました。明治の廃藩置県があり、明治10年(1877)から本丸跡は舞鶴公園となっています。

現在の唐津城は、周囲は約1キロ、面積4.3ヘクタールあります。海抜43メートルにそびえる寺沢時代の天守台跡に、慶長様式を取り入れ、文化観光施設として昭和41年に完成しました。

天守は5層5階地下1階で、内部には郷土博物館、展望所があります。展望所からは、唐津湾や虹の松原などが一望でき、海に臨む城の雄大さが実感できます。郷土博物館内には、唐津の民俗資料、江戸時代の城下町のジオラマ、城郭に関する資料、唐津焼の歴史を知るうえでの貴重な資料などが展示されています。

また唐津は、近松寺や唐津神社、武家屋敷跡が残り、古代・近世を通しての歴史の宝庫ともいえる城下町です。



雲仙岳の爆発で被災した島原城
長崎県島原市城内1丁目1183-1
築城者: 松倉重政
遺構: 石垣、堀

島原城は、寛永2年(1625)に松倉重政が雲仙岳麓の森岳に築いた平山城です。大坂夏の陣の軍功で元和2年(1616)に肥前国島原を与えられた重政は、一国一城令の発令後にもかかわらず、徳川幕府の九州外様大名への牽制と対キリシタン対策から特別許可を得て、同4年から新城の建設に着手しました。

城地は島原半島の東海岸寄りの雲仙岳の麓に広がる小高い丘で、工事開始から7年後に完成しています。

新城に移った重政は、領内のキリシタン取締に努めましたが、寛永7年(1630)に没しました。
翌年に家督を継いだ勝家は、父以上にキリシタンを弾圧し、度重なる飢饒にもかかわらず年貢取り立てを強行したため、同14年に島原半島と肥後国天草島の農民が相呼応して一摸が起こり、島原の乱へと発展しました。

現在は、昭和39年に復元された白亜の5層天守と3つの3層櫓が建っています。天守内部は、天草四郎の肖像画やキリシタン禁制の立札、納戸仏などのキリシタンに関する資料が展示されています。

城下町には鉄砲町と呼ばれる武家屋敷の一角が現存し、静かなたたずまいを見せています。

70石以下の徒士屋敷などが690戸あったという町筋の中央には、水路が走り、城下各所にある湧水からの清らかな流れが見えます。キリシタン関連の多くの史跡も残されています。



名築城家加藤清正の集大成熊本城
熊本県熊本市本丸1番1号
築城者: 加藤清正
遣構: 門、櫓長塀、石垣、堀

わが国三名城の一つに数えられる熊本城は、別名銀杏城とも呼ばれ、戦国時代の名将加藤清正によって慶長6年(1601)に着工され、7年の歳月をかけて築城されました。

城郭の広さは約98万平方メートル、当時の周囲は9キロ、そのなかに天守2、櫓49,櫓門18、城門29を持つ豪壮雄大な構えで、美しい曲線で築かれた石垣や、自然の地形を利用した独特の築城技術が生かされています。

熊本城は豊臣秀吉の九州統一により、その家臣加藤清正が熊本統治の拠点として築城したもので、城下町の整備や優れた治山、農業の振興など、今日の熊本の基礎を築きました。しかし加藤家の治世は徳川氏の忌避にふれ、2代44年しか続きません。

その後、豊前小倉城から細川忠利が封ぜられ、明治維新まで11代の間、細川家の居城として続きました。明治10年(1877)西南の役では、西郷隆盛率いる薩摩軍を相手に50日余も篭城し、難攻不落の城として真価を発揮しましたが、宇土櫓ほか12棟を残し焼失してしまいました。

現在の天守は昭和35年、情正公350年祭と市制70周年を記念して熊本市によって再建されたものです。

熊本城の見どころとして石垣があります。石の数は15万個といわれ、自然の地形を利用して築かれた姿は独特の美を醸し出しています。


薩摩島津氏の居城鹿児島城
鹿児島県鹿児島市城山町7-2
築城者: 島津家久
遣構: 石垣、堀

鹿児島城は、慶長7年(1602)に島津家久によって築かれた平山城です。
薩摩藩には、近世一般の天守を持つ城郭はありません。錦江湾を望む城山を詰の城とし、束山麓に石垣で囲む本丸(居館)・二の丸(藩庁)・出丸(後の私学校)を設けましたが、本丸には堀と櫓門がある程度の簡素なもので、城というより館でした。

これは、「城をもって守りとなさず、人をもって守りとす」という島津精神によるものなのです。そのために薩摩独特の「外城制度」があり、領内に支城網が整備されて、俗に外城といわれました。

外城といっても、城郭があるのではありません。領内を113の区画に割り、そこに地頭仮屋を設け、周囲に「麓」と称される土着武士の集落をつくって、地域の軍事・行政を管轄する仕組みになっていたのです。この組織を「耐」といいます。鹿児島城下に住む藩士を城下士と呼本丸石垣と堀に対し、郷に住む「半士半農」の藩士を郷士と呼んでいました。

元禄9年(1696)の火災により本丸居館は全焼し、その後再建されましたが、明治4年(1871)には城内に置かれた、熊本鎮台分営より出火し再び全焼してしまいます。
現在城跡は、本丸・二の丸・出丸の石垣と堀が残されているだけですが、大手橋を渡って本丸跡に入ると、鹿児島県歴史資料センター「黎明館」があり、先史から現代にいたる鹿児島の歴史・文化が一望できます。


琉球王国の象徴首里城
沖縄県那覇市首里金城町1-2
築城者: 不明
遺構: 城壁

首里城は、旧首里市の中央、首里森の高台上に築かれた山城です。察度王が築城したと推定され、以来明治12年(1879)の琉球藩廃止までは代々の琉球国王の居城でした。
城郭は、大きく外郭と内郭に区別できます。

城外と城内を仕切る城壁が外郭で、歓会・久慶・継世の3門が開かれています。歓会門は表門、久慶門は通用門、継世門は裏門といった機能があります。木曵門は工事用資材の搬入路で、通常は石を積み閉じられていました。内郭にある代表的な門が、瑞泉・漏刻・右披・淑順・白銀・美福などです。

建物は内郭に集中していました。心臓部ともいえる場所が、御庭と呼ばれる広場に面して建つ正殿・北殿・南殿・番所、そして奉神門です。正殿は、首里城の顔ともいうべき施設で、琉球最大の木造建築物でした。

正殿の東側には二階殿・世添殿・世誇殿などの建物があり、その一帯を御内原と呼んでいます。国王とその家族、女官神女たちの居住地域でした。正殿の西側は政治・行政センターとしての役目を持つさまざまな役所の建物がありました。

第二次世界大戦により、根こそぎ破壊されていた首里城ですが、昭和33年ごろから復元工事が少しずつ進められ、平成4年に、正殿をはじめとする城郭全体がほぼ復元完了、首里城公園としてよみがえっています。

この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!


ナビ
Page Top