日本の城の特徴と歴史をまとめた一覧表│北海道・東北の城

北海道・東北の城一覧表

海防の城松前城
北海道松前郡松前町字松城
築城者:松前崇廣
遺構: 本丸御門、石垣、堀

松前城は、代々蝦夷地に君臨し、北辺の警備にあたっていた松前氏の居城です。古くは大館と呼ばれ、蠣崎氏がこの地にありました。

しかし、城としての建設は比較的新しいものです。幕末の嘉永2年(1849)、北辺の警備が重視されて、幕府の命もあり、時の藩主松前崇廣は高崎藩の兵学者・市川一学に設計を依頼し築城しました。

城は本丸・二の丸・三の丸からなり、総面積は約6万9000平方メートルあります。城内には三層櫓(天守)以下3棟の二層櫓も造られています。西洋式を取り入れ、海防に重点を置いたので、三の丸には津軽海峡をにらむ7門の砲台がずらりと並んでいました。
安政元年(1854)に竣工しています。

しかし明治元年(1868)の戊辰戦争の攻防戦で榎本武揚ら旧幕府軍によって落城、同6年には廃城となりましたが、天守・本丸御門・本丸殿舎は破却を免れ、昭和10年に国の指定史跡となりました。ところが、旧国宝の天守は昭和24年に焼失、同36年になってようやく復元されました。

この天守は内部が松前城資料館になっています。藩政時代や松前家の資料、アイヌの民俗資料などが展示されていて、幕末の蝦夷地のようすがよくわかります。

城の裏手には、江戸時代の町並みを再現したテーマパークの松前藩屋敷、国の指定史跡である藩主松前家の墓所、松前家の菩提寺法どう寺、江戸時代のままの伽藍を残す龍雲院、250種もある松前の桜の資料館などがあります。



東日本唯一の現存天守弘前城
青森県弘前市下白銀町1-1
築城者: 津軽為信・信枚
遺構: 天守、櫓、門

弘前城は、江戸時代初期の慶長16年(1611)に、津軽信枚が津軽平野の高岡に築いた平城です。築城工事は津軽の統一を成し遂げ、近世城郭の必要性を感じた前城主為信によって文禄2年(1593)から開始されましたが、慶長12年に為信が死没したので、子の信枚が引き継ぎました。同15年から本格的な工事に取りかかり、4年後に完成しています。

弘前城の特徴の一つは、東日本で唯一現存する天守です。当初は5層でしたが、寛永4年(1627)の落雷により焼失してしまいました。現存天守は、文化7年(1810)に本丸東南櫓を改造したものです。

装飾性のない江戸中期の特徴を持ち、屋根は寒さに強い銅瓦葺となっています。かなり簡素化もされています。外面と内面の窓がまったく違うことが特色です。

城は、本丸・二の丸・三の丸・内北の曲輪、北の曲輪などで構成され、各曲輪とも直線的な塁濠に囲まれています。城主は、江戸時代を通じて津軽氏で、10代が続きました。

天守・この丸辰巳櫓・未申櫓・丑寅櫓・南門・束門・三の丸追手門・東門・北の曲輪北門(亀甲門)が現存し、いずれも国の重要文化財に指定されています。弘前城といえば桜で有名ですが、雪景色の天守もまた美しいものです。また堀の蓮の葉が新緑を迎えるころも、城の見ごろの一つでしょう。


出羽の雄・最上氏の居城山形城
山形県山形市霞城町3番地
築城者: 最上義光
遺構: 石垣、堀

山形城は、延文2年(正平12・1357)に斯波兼頼が築いた城といわれています。しかし当時は、堀をめぐらした程度のものでした。兼頼は最上氏の家祖で、戦国時代には最上氏11代義光が威勢を奮っていました。

義光は徳川家康と親交力深く、慶長5年(160O)の関ヶ原合戦に際しては、西軍に属した上杉景勝軍と死闘を演じました。戦後はその戦功により、従来の24万石から一躍57万石の大大名となっています。

そこで旧来の館を改造し、山形城の大修築を行います。57万石の石高にふさわしい城が完成しました。本丸・二の丸・三の丸からなる輪郭式縄張の平城で、広大な三の丸は侍屋敷となり、大手門は東に向いています。

城塁は土塁造りで、水堀が巡っていますが、桝形虎口に限って石垣が構築されていました。

二の丸西面塁上には三層櫓がありましたが、天守は築かれませんでした。天守の代用としての櫓が、本丸ではなく二の丸に位置している例は、あまり多くないでしょう。
昭和61年に、二の丸東大手門と多門櫓が復元されました。

城跡は現在、霞城公園となって1500本のソメイヨシノが植えられています。西側土塁には高さ13メートルのエドヒガンザクラの古木もあり、「霞城の桜」として天然記念物に指定されています。


上杉氏のプライドを見る米沢城
山形県米沢市丸の内1丁目4-13
築城者; 伊達晴宗
遺構: 堀、士塁

米沢城が初めて築かれたのは、鎌倉幕府の実力者大江広元の次男時広が、長井庄の地頭としてこの地に来た暦仁元年(1238)のことと伝えられています。しかし大江氏は、伊達氏の攻撃を受けて康暦2年(天授6.1380)に滅び、米沢城は伊達氏の本拠となり、伊達晴宗のとき城が築かれました。

天正19年(1591)からは蒲生氏、慶長3年(1598)からは上杉氏の武将直江兼続が入城します。関ケ原合戦で上杉氏の属する西軍が敗れ、米沢には兼続の主上杉氏が30万石に減転封されてきました。

米沢城は、松川西岸の扇状地に築かれた平城で、本丸・二の丸・三の丸力輪郭式縄張を形成しています。各曲輪は土塁と水堀で囲まれていましたが、石垣は使用していません。本丸には三層の隅櫓が2棟あり、丑寅櫓が天守に代わる御三階櫓と称されていました。

現在、本丸跡の周囲に土塁と水堀が残されていますが、本丸跡がそのまま松ケ岬公園とされました。本丸内には上杉謙信を祀った上杉神社があり、その稽照殿に隣接して米沢市上杉博物館が建っています。

公園の東側にある松岬神社は、米沢藩中興の名君上杉麿山を祀ったものです。公園の西側にある上杉家の廟所には米沢上杉氏初代の謙信から12代斉定までの歴代藩主の祠堂が、鯵蒼たる杉林のなかに並び、荘厳なたたずまいを見せています。この廟所は国の指定史跡です。


奥羽三名城の一つ上山城
山形県上山市元城内3番7号
築城者:武術義忠
遺橋: 石垣、堀、武家屋敷ほか
上山城は、戦国時代の天文4年(1535)に最上一族の武術義忠が上山盆地の月岡に築いた城が始まりです。

羽州街道と米沢街道の分岐点に近く、山形の最上氏と米沢の伊達氏がしばしば衝突した土地でした。最上氏は、室町時代に出羽探題として入国した斯波兼頼を祖とし、安土桃山時代の最上義光の時が最盛期となります。天正年間(1573~91)の城主は義光の伯母婿の武術満兼でしたが、義光に滅ぼされてしまいました。

江戸時代の寛永5年(1628)に、当時の城主土岐頼行によって天守が築かれます。当時は小さいながらも奥羽三名城の一つに数えられていました。元禄5年(1692)に土岐氏が転封すると、城は破壊され、天守も取り壊されてしまいます。その後、金森氏の入封後、二の丸に居館が設けられました。

昭和57年に、模擬天守が復興されています。ただ場所は旧城跡の隣接地です。天守内部は博物館になっていて、上山の歴史に関する資料などが展示されています。

さて、城下町は有名な上山温泉で、山形新幹線の駅名にもなっています。その見どころとして、沢庵和尚の過ごした「春雨庵」を復元したもの、藩政時代の上層農家尾形家、白壁の酒蔵風建物と日本庭園が美しい博物館「蟹仙洞」、斎藤茂吉記念漁官などがあります。


天然の要害を巧みに組み入れた仙台城
宮城県仙台市青葉区川内
築城者:伊達政宗
遣構:空堀、水堀、土塁、石垣

伊達政宗が、居城を従来の岩出山から仙台に移すことに決したのは、関ヶ原合戦直後の慶長5年12月のことです。

場所は、広瀬川西岸に広がる青葉山丘陵東端段丘上が選ばれ、この城は別名青葉城ともいいます。東は広瀬川に臨んだ64メートルの断崖、西は鯵蒼とした原始林、南も深い谷の絶壁という自然の要害でした。

城は同7年には完成しています。本丸が設けられた最高所は標高131.6メートルありました。本丸西南に天守台と呼ばれる小高い場所がありますが、天守は設けられていませんでした。

寛永16年(1639)、本丸の北西山麓に二の丸と三の丸が新規造営され、本丸殿舎の居館・政庁の諸機能が移されました。山城的な本丸がその存在意義を薄めたことになります。

現在は、本丸・二の丸・三の丸周辺に残された石垣と、復興された大手門・隅櫓が往時の面影を伝えています。本丸跡には、城下を見下ろしている「伊達政宗の騎馬像」や、土井晩翠の「荒城の月」詩碑があります。

また同地の青葉城資料展示館では、一般資料のほか、コンピュータ・グラフィックスで、かつての城の建物をはじめとして広間などを装飾していた障壁画、襖や建具の釘隠しにいたるまで精密に再現して見ることができます。三の丸跡地の仙台市立博物館もぜひ見物したい場所です。


戊辰戦争で白石同盟が結ばれた白石城
宮城県白石市益岡町1-16
築城者: 蒲生郷成
遺構: 石垣

天正19年(1591)に豊臣秀吉は、伊達氏の支配下にあったこの地方を没収し、会津若松城とともに蒲生氏郷に与えました。蒲生氏家臣の蒲生郷成が、白石城を築城し、その城主となっています。慶長3年(1598)には上杉領となりましたが、上杉氏の家臣甘粕清長は白石城の再構築を行って居城としました。

同5年の関ケ原合戦の直前、伊達政宗は白石城を攻略、この地方は再び伊達領となります。

伊達氏家臣片倉小十郎により大改修がなされ、以後明治維新まで片倉氏の居城で、戊辰戦争の際、奥州列藩同盟の公議所が置かれました。白石城は、標高76メートルの最頂部に本丸・二の丸・中の丸・西曲輪、中段には沼の丸・南の丸・巽曲輪・帯曲輪・厩曲輪を置き、丘の上に館堀川を巡らし、南は空堀で丘陵を切断、館堀川を隔てた平地には三の丸・外曲輪が配置されています。

本丸は高さ9メートル余の石垣の上に土塁を囲み、三層櫓・坤櫓・大手門・裏三階門を備えたもので、御成御殿・表・奥の諸建物がありました。木柵を回した崖を利用するなど、中世と近世城郭を併用した縄張となっています。

文政6年(1823)に再建された建物の構造を手本として、天守や大手門などの本丸の一部が平成7年に復元されました。櫓は木造で、学術的にも評価をされているものです。


二本松少年隊奮戦の舞台二本松城
福島県二本松市金色403-1
築城者: 丹羽光重
遺構: 石垣

二本松城は、応永年間(1394~1427)に畠山満泰が白旗ケ峰に築城したことに始まります。峻険な山頂にはいつも霧が渦を巻いているので、霞ケ城とも呼ばれました。その後、領主は伊達氏から蒲生氏、上杉氏と代わり、寛永20年(1643)丹羽光重が入封、山麓に居館を設けて近世城郭の体裁を整えています。

白旗ケ峰の山頂は本城と呼ばれ、重厚な石垣と天守台跡が残っていますが、天守が建てられたという記録はありません。丹羽氏の代まで本丸としての位置づけだったようです。

また、近年の発掘調査により、本城の周辺からはさらに古い石垣が発見され、いつごろの時代のものか調査の結果が待たれます。
つまり、二本松城は中世城郭と近世城郭が併用されたものということが大きな特徴です。

丹羽氏は代々10万石の領主として明治維新まで続き、戊辰戦争を迎えました。藩兵は奥羽列藩同盟として出撃中に官軍の攻撃を受け、老人や少年が動員されて戦いました。二本松少年隊の逸話はこの時のことです。現在、昭和57年に復元された箕輪門下に、彼らの勇姿像が立っています。

山裾から山頂まで、多くの曲輪が階段状に配置されたこの城は、本城部分の石垣、畠山時代の大手門跡、再建された箕輪門など見どころはいっぱいです。


まさに堅城会津若松城
福島県会津若松市追手町1-1
築城者:蒲生氏郷
遺構:本丸、二の丸、三の丸、北出丸、西出丸

若松城は、南北朝時代の至徳元年(元中元年 1384)に芦名直盛が創建したという説があります。安土桃山時代の天正17年(1589)に芦名氏を滅ぼした伊達政宗が居城としました。翌年には蒲生氏郷が入り、文禄元年(1592)から大改修され、近世城郭として整備されています。

本丸を中心に東に二の丸・三の丸を置き、本丸中央に天守を設け、城主の御殿や役所が構えられました。蒲生氏の後は上杉景勝が、慶長5年(1600)まで在城しています。

同16年には大地震があり、天守や石垣、櫓などに被害がありました。その後、加藤明成の寛永16年(1639)ごろに大改修されています。この時に天守が七層から五層に改められました。同20年に加藤氏は改易となり、後には三代将軍家光の異母弟保科正之が入封します。

幕末の戊辰戦争で松平容保が官軍と戦い、会津白虎隊の悲劇を生みました。攻撃を受けた際、城壁が高かったため官軍の砲弾がなかなか届かなかったという逸話が残されています。まさに堅城というべきでしょう。

天守を含む建造物は明治政府により解体されましたが、その後公園として市民に親しまれています。昭和40年には天守と走長屋・鉄門が復興再建されました。
天守内部には、会津の歴史・文化に関する資料が展示されています。


石垣普請の粋白河城
福島県白河市郭内
築城者: 丹羽長重
遺構: 石垣

暦応3年(興国元年・1340)に、結城親朝が現在地に新城を築いて、小峰城と称しました。近世になっての寛永4年(1627)には丹羽長重が入封し、城を改修して城下町を整備しています。

白河城と呼ばれるようになったのは、それからのことです。以降、多くの譜代大名が次々に入れ替わりましたが、歴代城主のなかでは、寛政の改革をなした松平定信がもっとも有名です。

明治元年(1868)、戊辰戦争で白河城は官軍と奥羽列藩同盟軍の争奪の的になってしまいました。5月1日、同盟軍は必死に防戦しましたが、圧倒的な官軍兵力と火力の前に、5時間余りの激戦のすえ落城しました。建物もすべて焼失してしまったのです。

現在城跡には、雄大に石垣が連なっていますが、その先の三層櫓天守は、「正保城絵図」をもとに平成3年に復元されたものです。昔ながらの工法を用い、松や杉などを建築材としています。

また、近年大手門付近の発掘調査により、大手門のものと思われる石垣の一部が出土し、話題となっています。この三層櫓とそれに続く前御門、そして壮大な石垣群は、白河を訪れる旅人を感動させることでしょう。

城域内には、城郭内に所在した土蔵をイメージして建てられた資料館「白河集古苑」があり、小峰城の創築者である結城氏、江戸時代に白河藩を治めた阿部氏の歴史的遺産が保存展示されています。また城内の一部はバラ園になっていて、季節には種々のバラが咲き誇ります。


この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!


ナビ
Page Top