東海の城 一覧表|日本全国お城情報

東海 城リスト

山中城(静岡県三島市山中新田)
戦国時代、箱根山塊は一大要塞地帯であった。北条氏は早雲以来一世紀間、五代にわたって東国に君臨、その本城は小田原にあった。だから背後を固める上でも、当城のほか足柄城、鷹ノ巣城、湯坂城、浜居場城、塔之峰城、進士城など、箱根山塊を形づくる山々の山頂に支城網をめぐらした。

山中城は箱根外輪山の西側、海抜585メートルにあり、駿河湾、富士山、御殿場の裾野が一望できる。城内にはのちの東海道箱根越えの関門関所があった。北条氏領国の伊豆、駿東地区と、小田原を結ぶ中継地点でもあったわけだ。築城は大森氏時代、室町中頃に遡る可能性があるが、本格的な戦国山城になるのは武田信玄に術えた、水禄の末頃からである。

その後も強化普詰が繰り返され、天正16年(1588)からは、豊臣秀吉の来襲を予測して、堀障子や畝堀という特殊な施設をもたせる改修にあたる。州障子は窄珈底に障子の桟のように畝を残し、畝堀は空珈の竪方向に畝を残して、共に空堀底を方形に連続してV字に掘り込む堀である。方形V字の空堀の穴は嶬地獄を呈するのだ。


浜松城(静岡県浜松市元城町)
浜松城は、徳川家康が岡崎城より遠江進出を果たした年の翌年の元岻2年(1571)に、この地にあった曳馬城を大改修して築いた。家康が駿府へ、さらに江戸へ移ったのち、城主はめまぐるしく交代し、譜代大名でも老中や幕閣をつとめる大名家が相次いで入城した。

主な城主を見ると、豊臣大名の堀尾忠氏が川雲へ移封後に桜井松平忠加が入部、続いて水野重央、高力忠房、大給松平乗寿などの譜代大名たちが数年ごとに入れかわり、弘化2年、井上正春が館林城より入部して、井上氏が明治に至った。まさに「神君ゆかりの出世城」として世に知れ渡ったのである。
今日、市役所や学校敷地と化した本丸、二の丸地区の西側に、天守のあった天守曲輪が残る。

家康時代はこの曲輪に天守が実在していたが、近世には存在していなかった。石垣だけは家康構築の天正年間のものだが、今ある天守は昭和三十三年に新築されたコンクリート製の模擬建物である。模擬天守は天守台の形状、位置も無視する建物だ。

ただ天守曲輪の石垣だけは、古風で戦国時代の技術そのままが残る野面積み石垣だ。

掛川城(静岡県掛川市掛川)
平成6年(1994)春、掛川城に天守が復元された。この復元天守は木造で、しかも建築費の多くが市民の寄付金によったことから大きな話題となった。本丸は発掘され、天守台石垣が復元され、残存移築されていた太鼓櫓も修理がなされた。

天守復元に合わせるかのように、JR掛川駅前も再開発された。もともと掛川は静岡と浜松の中間に位置し、目立たない街であった。ところが天守復元により「本物の天守閣」をもち得たことで、かつてない活気を呈したようである。

ところが、復元された天守は下見板張ではない。著者はどうみても、山内氏時代の外容と称する限り、もとは下見板張であったはずだと思う。掛川城天守を模したという高知城天守も、当初は下見板張の黒い外観を呈していたはずだ。

掛川城に関する伝来絵図を見ても、下見板帳が猫かれている。天正18年(1590)の山内一豊築城時はなおさらである。ともあれ、天守再築で掛川市は新たな都市づくりの核を得た。

犬山城(愛知県犬山市犬山)
日本ラインこと木曾川が尾張平野にさしかかるところに屹立する古城がある。緑深い山の頂に天守がそびえ立つ。滑々と流れる木曾川に緑と共に映ずる眩いばかりの白亜の城を、中国の李白の詩になぞらえ「白帝城」といったのは荻生祖株であった。

犬山城は国宝の天守があることで知られている。現存最古と地元の案内書にあるが、解体修皿の結果、伝承にあった金山城からの移築説は否定され、造営年代は不明。上部の3、4階は江戸時代初期につくられたことが判明し、現存天守のうちで最古の天守建築の姿を伝えるものの一つとなった。

この国宝天守は、正面に付櫓を出張らせた複合式天守で、入口である地階の踊り場を含めると内部六重、外観三膳である。石垣上の1階と2階はほぼ同一の大きさで9間に8間。大入母屋の屋根にのる、上の3階、4階とは異なる構造である。

1階は武者走と呼ぶ廻廊下内に四部屋を仕切る。そのうち西南の部屋を「上段の間」といい、12畳敷きで床の間と床棚が設けられ、天井は猿頬天井となっている。篭城戦の折に城主の居所となる場所だ。

犬山城の最大の魅力は、なんといっても現存最古といわれる木造天守だろう。
外観のみ復元され、コンクリート造りになっている天守も多い中、すべて木造、釘1本に至るまで城郭建築初期の構造。手法が残るこの城は、当時の姿を今に伝える貴重な語り部である。築城当時の木材が多く残されており、歩くたびにミシミシ鳴る廊下の音や床の隙間などが、在りし日の城の様子を思わせ、想像力をかき立てる。

また敵の攻撃に備えたものと考えられる狭くて急勾配の階段や、畳が敷き詰められ、武者隠しを備えた城主の居住スペース「上段の間」がほぼそのままの状態で現存されているのも特筆すべき点。晴天の日には遠く、岐阜城や小牧城、名古屋城までが見渡せる望楼型の天守最上階で、それらの城とどんな戦があったのか想像を膨らませつつ、眼下に広がる景色を楽しもう。

吉田城(愛知県豊橋市今橋町)
豊橋市は吉田城の城下町として生まれた。城は、市の中心街を貫流する豊川に朝倉川が合流する地点に、永正2年、牧野成時(占向)が築いた戦国時代にはたびたび戦場となり、今川勢と安祥の松平勢との争奪に巻き込まれたり、戸田憲光の攻撃などが相次いだ。

永禄3年(1560)の桶狭間合戦後には徳川家康の持城となり、遠江進出の前線基地としての原形ができ上がっていった。

天正18年(1590)、家康は関東移封となり、古川城には池田輝政が12万5000石で入部した。輝政は入城後、吉田城の改修と城下町経営に力を注いだ。吉川城の惣描を含め尾張の大部分は、輝政によったのである。

その輝政は関が原合戦の戦功により姫路城主となり、吉田城には松平家清が入城する。寛永9年(1632)には水野忠清が入城、その後、小笠原忠知、久世重之、牧野成舂、大河内松平信祝など、江戸時代には激しく城主が入れかわった。この間、松平忠利の時代に名古屋築城時の残石を譲り受け、従来、土塁づくりであった塁壁を石垣に改めた。



苗木城(岐早県中津川市苗木)
梢木城を訪れた人は、自然石を巧みに生かした城描、大櫓のあった石垣などが放つ厳めしい景観の中、古城らしい魅力に取りつかれてしまう。木曾川に臨む本丸の景観も、多くの古城ファンを魅了してやまない。

苗木城は、岩村城の支城として、遠山景村が南北朝争乱期に築いたことに始まる。高森城ともいい、伝説から赤壁城、あるいは霧ヶ城(岩村城)に対し霞ヶ城ともいわれる。戦国期になると城はしだいに整備され、遠山直廉の代に武田・織田両勢力の接点として、しばしば合戦の舞台となった。直廉は織田方に方に屈し、信長の妹を要っていた。その嗣子友勝も信長に属した。

東氏の館(岐阜県郡上市大和町牧宇志ノ脇)
近年、室町期から戦国期にかけて存続した城舘跡の見方に、大きなウエイトを占めるようになった遺椛がある。室町武家文化がもたらした庭園遺構である。

武家文化の中で作庭が流行したきっかけは、足利義満の北山第(金閣に代衣)、同義政の東山第(銀閣に代衣)であるが、その始まりは足利尊氏・義直の夢窓国師への帰依による。臨済禅の京五山の頂点に立つ国師は、天龍寺・西芳寺の作庭のように絵解きとしての庭園をつくった。

小さな空間に蓬莱・神仙の世界を石や砂や池泉で表現した小宇宙をつくり絵解きのキャンバスとした手法は、悟の世界、あの世を見たいという武士たちの心を捉え、都に屋敷を強制的に構えさせられていた守護と呼ばれた有力武家にまたたく間に流行、都の守護たちの舘に蓬莱思想に基づく作庭が次々となされた。

応仁・文明の乱で守護たちは、それまでは赴くことのなかった、守護に補任されていた任国に赴くようになり、屋敷の作庭が地方にもたらされた。

山口の大内氏舘、一乗谷朝倉氏舘、飛騨江馬氏舘、伊勢の北畠国司舘の各庭園遺構がこれである。


郡上八幡城(岐阜県郡上市八幡町柳町一の平)
郡上八幡城は、吉田川と小駄良川に挟まれた海抜350メートルの山上を中心とした山城である。

今日見る天守や櫓などは、戦前の城ブームの時代(大坂城の復興天守ができた頃)に大畑城天守の外容をまねてつくった模擬建築である。八幡山山頂に城を築いたのは、鎌倉以来、地頭職にあった東氏庶流の遠藤盛数で、戦国の風雲急を告げる中で着工した。

郡上郡は東氏が戦国期まで、阿千葉城・篠脇城・赤谷山城・東殿山城などに本拠を構えて支配していた。遠藤氏が下剋上の世の習い、主家の東常堯を東殿山城に滅ぼしたのは永禄2年のことである。


大垣城(岐阜県大垣市郭町)
大垣とは「大きな垣根」の意味である。大垣の隣に関ヶ原があり、ここにあった関塞が、関東と関西を区分する分け目になっていた。つまり大垣とは東国と西岡を別する垣根の関門のことなのである。

大垣城は、天下を決定させた関ヶ原合戦の主舞台であった。西軍の石川三成はいち早くこの大垣が、主戦場になることを予測、大垣城を占拠し、東軍来襲を待ち受けた。有名な「おあむ物語」は、龍城した石川方の山川去暦の娘が徳川方の夜襲のありさまなどを生々しく語った記録文学である。

この関ヶ原合戦の様子を詳細に棚いた「関ヶ原合戦図屏風」がある。この屏風絵に大垣城の様子が克明に描かれ、天守もはっきりと認められる。この天守は、伊藤祐盛が天正18年(1590)に入城して築き、池田氏時代に改修されたものである、と考えられている。この時の天守は4層4階である。しかしこの天守は昭和20年(1945)の空襲で焼失してしまう。


この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!


ナビ
Page Top