目次

城の基本的な名称とつくりを詳しく解説

城の基本的なつくり

虎口[こぐち]
門や土塁・堀などの防御施設が付属した城の出入り口のことを指します。近世城郭になると石垣が多用されるようになり、その上にはさらに櫓がのせられて、より強固なものとなりました。

横矢掛り
敵兵が城に侵入する場合に、敵兵の進行方向の側面から射撃を加える手段、あるいは施設のこと。城の類線がまっすぐではなく、複雑に折れ曲がっているのは、すべて横矢掛りというわけです。

櫓[やぐら]
門や塀、塁壁の角などに構えられた攻撃や防御用の建物のこと。主に防御上、主要な箇所に建てられています。眺望のよい場所に建てられ、物見役を兼ねていたほか、弓矢を常備していたと言われています。櫓の形から、二重櫓や三重櫓などの名称がついたとされます。

狭間 さま
天守や櫓・土塀の壁面に設けられた矢や鉄砲を放つために開けられた穴のこと。大きくは矢狭間と鉄砲狭間に分けることができ、前者は基本的に縦長の長方形で、弓を立って引くことが基本となるため床面から狭間の下辺までがおおよそ二尺五寸(約75cm)、後者は基本的に正方形・三角形・円形で鉄砲狭間は片膝をついて構えるため床面から狭間の下辺まで一尺五寸(約45cm)ほどの場所に配置されました。 鉄砲狭間二つに弓狭間一つなど、交互に配置するのがよいとされ、守る側の方が広範囲にわたって見透かされないよう、隣り合う狭間の高さを変えるのがセオリーだったようです。建物が残されている近世城郭の多くで目にすることができ、姫路城、大阪城、名古屋:城などは代表例です。

天守
戦国時代末期以降、城のシンボルとなった建造物のこと


基本的には巨大な溝をつくり、敵兵を城内に入れないようにする施設ですが、曲輪間を独立させるためにも設置されました。彦根城では堀切(堀の一種で、山城の尾根を分断するように掘った堀のこと)の堀底を城内通路として利用した例もあり、近世城郭には珍しい例としてあげられます。

本丸
本丸城の中心となる曲輪(小区画)のことを指します。 戦時には「指令本部」の役割を果たし、天守は城の象徴としてここに建てられることが多くありました。

二の丸
本丸を守るための曲輪のこと。敵が侵入した際は、二の丸を通って本丸を攻めることになります。

石垣
建物を支える基礎として、または土地を区切るための壁、防御のため、などの目的で作られた施設。

土塁
敵の侵入を防ぐための防壁。土を盛って、あるいは削り出して造ったもので、大規模なものでは、土塁上に柵や櫓などを建てていました。

石落
天守や櫓、門や塀などに設けられ、下に迫り来る敵兵を監視し、攻撃・撃退する施設。床や塀の一部を土台から張り出し、その床面に作った開口部から攻撃します。 またその配置にも要注目。熊本城のように周囲全体を石落とする例や、松江城のように敵兵に悟られないように置いたり、逆に名古屋城のようにあえて天守の入り口の上に配置することによって、威圧感を与えるような工夫もされていたようです。

枡形門
虎日のなかでも特に防御に優れたものと言われます。門の中に枡の形のスペースをつくり、周囲を石垣などで囲んだものです。ここに入り込んだ敵はまさに袋のネズミ状態に。

土橋
城の虎国の前の通路だけ残して、その左右に堀を掘った場合に、その通路のことを指して土橋と言います。


城のパーツはリサイクル
彦根城は、天守をはじめ、天秤櫓、西の九二重櫓など、現存する建物のほとんどが移築による建設。築城ラッシュによる用材不足もあっただろうが、そこには家康の敵方へ対する激しい思い(エゴ)が見え隠れする。

近江の地には、京極高次の大津城、秀吉の長浜城など、織田・豊臣時代を彩る武将たちの居城が多くあった。その残影を消し去るため、忘れ形見である城を解体したと考えられるのだ。

また、破風飾りを駆使した天守をはじめとするデザイン性にも注目したい。表門側にある、関西では珍しい腰巻石垣と鉢巻石垣を用いた城壁然り、山道の階段に斜めに埋められた石然り、これらの意匠には、徳川家の重役・彦根藩はひと味違うことを対外アピールする意味もあったかもしれない。

城のパーツはリサイクル
彦根城のユニークさを端的に現しているのがこの「リサイクル」パーツたち。天守からしてなんと移築されたものだというから驚きだ。

表門からの道と大手門が合流する要の櫓
天秤櫓という名は、廊下橋を中心に天秤のように見えることから。高石垣の積み方が右手は牛発後、左手は落し積みと左右違うことから、修繕が加えられたことがわかる。重要文化財

桃山建築を思わせる優美な天守
多用した破風が特徴的な、現存する国宝四天守のひとつ。5階4重の大津城天守を移築し、3階3重に再構成されたとされる。3階部分には高欄もあり、その優美さが際立つ



この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!


ナビ
Page Top