専門用語でも難しくない!城に関する用語一覧と解説

城用語集



あ行
穴太衆…近江坂本出身の石工たち。戦国時代末期から諸国の城の石垣師として活躍。

石落…塀や櫓・多聞・天守に設けられた、石を落とす仕掛け。壁の一部を張り出させ、下方が見えるようにした設備。

石垣…防御力を強化するため、土塁の表面に石を積み重ねたもの。安土城を皮切りに穴太衆石垣師が活躍した。

犬走り…塁上に塀を築いた場合、その外側の小径、塁の外側の段。

埋門…土居や石垣の中の燧道に設けられた門。

打ち込みハギ…石に角をつけて、互いに組み合わせる石垣の工法。

馬出…虎口の防衛力を強めるために、その外側に築かれた一郭。城兵の出入りを確保する施設。

大手門…城の正面に位置する門。本来は追手門という。敵を追い詰める方向にあるという意味。

鶏…城の内部を外側から見透かされないように設ける設備。塀・土居・植物・屋敷・櫓などがある。

か行
花頭窓…華燈窓とも書く。上方に尖った窓。花弁のような形をしている。本来は寺院の仏殿に用いられ、近世初期の天守や城門建築にも用いられた。

構え…容易に侵入できないように造られた一区域の場所のこと。屋敷構え、総構えなどと用いる。

唐破風…城の櫓・天守・門・出窓などの軒先に設けられた曲線形の破風。建物力雍厳優雅に見える。

搦手門…城の裏口にあたり、戦のときは押し寄せる敵に裏から回り込んで追手に搦めとることから名付けられた門。

城戸…城門と同意義。木戸とも書く。後には比較的簡素な冠木門をも指すようになった。

切り込みハギ…石の形を整え、高さが等しくなるように規則正しく積む石垣の工法。

栗石…石垣石の裏側へ詰める小石。

蔵…蔵は倉庫のこと。城内には米蔵、塩蔵、武器蔵、火薬庫、調度品蔵などが建ち並んだ

曲輪(郭)…城の中の一区画。区画が二重以上の場合、外の区画を指すのに用いられる。

懸魚…破風の下やその左右に付ける飾り。

神籠石…古代城郭で見受けられる山城の一種。石が一列に配置され、中腹から山頂、さらに谷をも囲む。城の防御施設か、神域を示すものかの論争がなされている。

高麗門…冠木門の上に切妻の屋根をつけ、両方の門柱の後に控柱を設けて切妻型の小屋根をつけた門。

虎口…城の出入口。元は小口と書いた。城の出入口は虎が来敵に食い付くような用をするのでこの名が付いた。

御三階櫓…実質的な天守として用いていた三層の櫓。

牛菩積み…細長い石材を奥行きを持たせるように積む石垣の積み方。

さ行
逆茂木…鰊のあるような木を根元から切り、枝側を敵に向けて柵に設置したもの。

柵…古代では「き」と読んだ。木材を一列に並、通行を妨げる設備。

作事…城の工事に関して建築工事のこと。

狭間…矢窓とも書く。城の塀や建築物から矢・弾丸を発射したり、槍で突くなどするために設けられた小型の窓。

算木積み…石垣工法。占いや計算に用いる算木のように、角力喧角になっている石を用いて積む積み方。

三の丸…二の丸同様に城主の館や重臣屋敷が置かれている区域。城本来の機能的構成部分の外郭に相当する。

支城…ある一定地域の根拠となる城の出先的役割をなす城砦のこと。

蔀…城の内部を外側から見透かされないように城の内側に設ける塁や堀。

忍返…塀上や櫓下に設けた先の尖った棒を並べた、防御設備。

轆鉾…城郭の大棟の両端に取り付けられた瓦、あるいは金属製の飾り物。勇猛の象徴。

城門…城の防備を固めるための出入口であるとともに城の威風を示す建造物。

隅櫓…曲輪の角の塁上に築かれた櫓。城外の見透かしがよい。

た行
太鼓櫓…時報を知らせる太鼓を打った櫓。登城の合図、陣触れなどの役目も持つ。

館…東北地方では中世城郭の比較的小さなものをいう。「たち」と読むと貴人の邸、小さい城、貴人の尊称ともなる。

竪堀…山城で山の傾斜に沿い縦に掘った堀。

多聞櫓…塁上に築く細長い長屋形式の櫓。起源は松永久秀の多間城が始まりといわれる。

千鳥破風…城の櫓、天守などの屋根上に設置された三角形の破風のある小屋根。

チャシ…城の呼び名の一つ。東北地方では蝦夷館、北海道ではチャシという。アイヌが築いた城や環濠集落のこと。

築地…土を固めて築きあげた垣。土塀練塀ともいう

附櫓…天守や大きな櫓の側に付いた小さい櫓。

殿舎…殿舎御殿と呼ばれたもので、古代の寝殿造が武家住宅で簡略化され主殿建築となった。主殿の中心は九間(三間四方)で、違棚と付書院が発達、近世には書院建築が生まれ、玄関・車寄城郭殿舎建築として定着する

天守…城の中心部に築かれた最大の櫓。城主の館が発達した「殿主」「殿守」からきているという説がある。

天守曲輪…天守建築が天守台石垣上いっぱいに建てられず、周囲に余裕がある場合、または、大天守と数基の小天守が、多聞衲や塀で本丸とは別に区画されている場合、曲輪を形成する。

安土城、大坂城、会津若松城、津山城、岡山城など、安土桃山期の城に多い。多くが次の連立式天守を形成する。

独立式天守…天守に付属建物がない型。将軍家光の江戸城と大坂城がこれであった。現存するものでは弘前城御三階、宇和島城、高知城、丸岡城などがある。

特異な天守建築の型としては、最上階が大きい南蛮造火守(岩国城、小倉城など)や、天守が石垣より大きい萩城、熊本城などがあった。

土塁…土居とも書く。堀と反対に土を盛り上げて内部を防御する設備。堀を掘った土を盛り上げることもある。

な行
雛…一層の長大な櫓。塀の戦闘防御的な長屋を多聞という。

縄張…城本丸、二の丸、三の丸、または機能別の区画(曲輪)をどのように配置するか、塁壁や出入口をどう工夫するか、の設計プランを純張、純打という。

二の丸…本丸を保護する第二の区画のこと。

根小屋…山城の場合、城主館や重臣たちの屋敷を麓に置いた、その集落のこと。関西では垣内という。

野面積み…自然石を加工せずに積み上げる石垣の工法。

は行
橋…橋には土橋と木橋があった。土橋は水戸違といって、橋の左右の水堀の水高を調節するためのダムの役割があった。木橋には車のついた算盤橋、引橋、滑車で引き上げる桔橋、堀に斜めに架けた筋違橋などがあった

一二三段…三の丸、二の丸、本丸の高さ力殺状に高くなる城。姫路城・津山城など。

平城…平地に構えられ、古代・中世では農耕地と水利を掌握するための舘で、方形舘とか複郭式舘と呼ぶ。中世では守護所と呼ぶ守護代の在地支配の拠点、荘園下司職(碩所・政所など)の舘が平城に分類される。なお館は政治・軍事面からの読みはタテ、生活・建築面からの読みはヤカタである。近世では政経・軍略上の枢地に置いた平地の城で、二条城、広島城が典型。

平山城…近世大名の約七割の居城が平山城で、安士桃山期の織豐大名の居城の八割が平山城であった。ヒラヤマジロと読む場合、丘上の城と麓に築かれた舘に分かれ、丘上の城と舘が一体化した城をいう。ヒラサンジョウと読む場合は「丘城」で、丘の上部のみを城域とする城郭をいう。前者は階郭式・梯郭式の城(姫路城、和歌山城、会津若松城など)、後者は連郭式郭式の城(川越城、小諸城など)が多い。

複合連結式天守…大天守が、二基以上の小天守を多聞櫓で結び、L字形の平面を描成する型。松本城、広島城、大洲城、竹田城など。

複合式天守…天守に付櫓もしくは多聞櫓が付属し、付櫓を経由して天守に入る形式の建築方法。松江城、彦根城、備中松山城などに見られる。

普請…築城工事のなかの土木工事。石垣積みや堀割りなど。

塀…戦闘目的のため塁上に築く建造物。古代.中世では土塀・塗籠塀・板塀が用いられ、近世に入ってから漆喰塀・海鼠塀になった。

堀…土を掘った深い溝。転じて城の防御用の溝を指す。

本丸…城の中心となる曲輪。戦闘時は司令部となる。

ま行
桝形…虎口防御施設。塁で四角に囲う。空間部分が桝に似ているため付いた名称。

水城・海城…島や、埋め立てた人工品、川の中州などに築いた城で、平山城か平城のうちに属す占地が多い。高島城、高松城、今治城が典型。

水手…通常では井戸を、中世山城では河川や池を指す。

門…城の出入口を虎口と呼び、虎口に建てられた建物を門という。戸張とか番所が門に付属し、不寝番を置いていた。門は冠木門、棟門が中世では一般的で、中世後期から戦国時代にかけて二階門・二重門と呼ぶ櫓門や薬医門が登場する。

桝形虎口といって虎口を方形に囲んだ場合、城内側二股に櫓川)を一の門といい、城外側を二の門といった。近世では、二の門の多くが高艇門という、控柱上にも屋根がつく形式だった。

トンネル式であったり凹みのところにつくったりする門を埋門といい、戦時には門扉を閉じ、内側を埋めて門をなくした。城内の仕切りや陣屋には、長屋門が多く用いられた。

虎落…虎口の内側に竹木で4~5メートルほどの柵を施した場所。

や行
櫓…櫓は、門の上や塀のコーナー上、塁雌のコーナーなど、敵から攻められやすく、防御上 も重要な個所に構えられた、攻撃・防御の両面に用いる建物をいう。

矢倉、矢蔵とも記すように、古代・中世には弓矢を術傭した。また、眺望をよくして、物見の役目も兼ねたものを物見櫓という。

櫓の型から井楼櫓、二重櫓、平櫓、多間櫓、櫓門、折廻櫓、櫛形櫓、重箱櫓などと呼ぶ。機能別には隅櫓(角榊)、井戸櫓、着到櫓、太鼓櫓、弓櫓、御三階櫓、見勢州、月見櫓などといった。月見櫓と涼櫓は、月をめでるため及び風景を楽しむための望楼式の特殊な櫓建築をいう。

櫓門…石垣に挟まれた城門の場合、両側石垣上に多聞櫓を渡し下に扉を持った門。

山里…戦闘面を考慮しないで築いた曲輪。岡山城の後楽園、金沢城の兼六園など。

山城…よく出版物では、古代から戦国時代までの城は山城だったと記す。これは大きな誤りで、城 は山だけに築かれたのではない。

また、標高何百、何十メートル以上が山城、という定義はなく、十数メートルの丘でも、険峻な自然斜面を防御壁としている場合は山城に分類される。山城でも、あえて生活の場として麓に居舘を設けている場合、「根小屋式山城」と呼ぶ

横矢掛り…城壁を屈曲させることにより、二方向以上から敵に対し射撃を加えること。

ら行
乱杭…空堀・水堀を問わず、杭を立てて並べ、敵の侵入を防ぐ設備。

稜塗…大砲の発達により造られた壁塁の一様式。函館市の五稜郭に見られる。稜とは先の尖った形。

塁…土や石で築かれた堤防状の防御線広い意味での城壁をいう。

連子窓…格子をつけた窓。

連立式天守…大天守が、三基以上の小天守を多聞櫓で結び、天守曲輪を形成する型。姫路城、和歌山城、伊予松山城がその代表。

連結式天守…大天守が、一基の小天守を多聞櫓もしくは廊下橋で結んだ型。名古屋城、熊本城、八代城、高取城などの天守がこれにあたる。

わ行
渡櫓…隅櫓と隅櫓との間に連絡用に用いる多聞櫓。


この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!


ナビ
Page Top